Fusion 360 2

Fusion 360を使って図を描きます。
Arduino Uno R3の箱を作成します。これも練習です。

環境はMacで、Trackpadを使うとします。

測る

直尺を使って、寸法を測ります。ちょくしゃく、と読むようです。
シンワの直尺を使う人とは掴み合いの喧嘩です。

001

横 : 81mm
端から穴の中心まで4mm

002

縦 : 57mm
写真だと伝わらない !!

007

Arduino Unoに付属する、下側のみのケースの穴は、3mmと2.6mmの両方があります。写真の上の穴が2.6mmで、下の穴が3mmです。
Arduino Unoの基板の穴は3mmです。

Fusion 360

Fusion 360を起動すると次の画面となります。

001

最初に作成するものの名前を決めてSaveします。

002

名前が長いとOpenのときに表示されない部分が出てくるので、短くします。
Arduino_Caseとします。

003

Saveするたびに自動的にバージョンが更新されます。
この仕様は回避できないようです。

Sketch / 素描 + Dimension / 寸法

基本的な使い方については、下記を参照ください。
Fusion 360 1

下記のSketchをします。
Sketchをクリックして、Rectangleをクリックします。
2点をクリックして、Dimensionを使って寸法を決めます。
慣れてきたら、寸法を入力してEnterを押していく方が速いです。
縦:57mm
横:81mm

004

Finish Sketchをクリックします。

Extrude / 押し出し

Extrudeをクリックして、2と入力してEnterを押すと、立体になります。

005

Sketch / 素描 + Dimension / 寸法

ねじを通すための穴をあけます。

Sketchをクリックします。
穴をあけるためにCircleをクリックします。

006

クリックします。中心の位置が決まります。
ポインターを少し動かします。3.1を入力してEnterを押します。

007

上記を繰り返して、4つ穴をつくります。
穴の中心と箱の辺のあいだの長さを決めます。

008

Finish Sketchをクリックします。

009

Extrude / 押し出し

Extrudeをクリックします。
向きを確認します。

013

穴があくように値を入れてEnterを押します。

014

穴があきます。

015

Sketch / 素描 + Dimension / 寸法

ジャンパーピンのメスコネクタのための穴をあけます。

Sketchをクリックして、Rectangleをクリックします。
下記のSketchを作成します。
穴の幅を2.5mmにすると確実にジャンパーピンが刺さる手前でひっかかるはずです。2.6mmとしていますが、2.7mmの方が良いかもしれません。PLAやABSであれば、ひっかかってもやすりで簡単に刺さるようにできると思います。

017

Finish Sketchをクリックします。

Extrude / 押し出し

Extrudeをクリックします。
向きを確認します。
穴があくように値を入れてEnterを押します。

021

穴があきます。

022

Sketch / 素描 + Dimension / 寸法

ジャンパーピンのメスコネクタのための穴をあけます。

Sketchをクリックして、Rectangleをクリックします。
下記のSketchを作成します。
こちらも同様に2.7mmの方が良いかもしれません。

024

Finish Sketchをクリックします。
ちょっと、CADやってます、な感じになってきました。

Extrude / 押し出し

Extrudeをクリックします。
向きを確認します。
穴があくように値を入れてEnterを押します。

027

穴があきます。

028

Sketch / 素描 + Dimension / 寸法

リセットスイッチのための穴をあけます。

Sketchをクリックして、Rectangleをクリックします。
下記のSketchを作成します。

029

Finish Sketchをクリックします。

Extrude / 押し出し

Extrudeをクリックします。
向きを確認します。
穴があくように値を入れてEnterを押します。
穴があきます。

033

Sketch / 素描 + Dimension / 寸法

箱にしていきます。

ひっくり返します。右上の立方体を操作して、BOTTOMをクリックします。

034

Sketchをクリックして、Rectangleをクリックします。
下記のSketchを作成します。

035

Finish Sketchをクリックします。

Extrude / 押し出し

Extrudeをクリックします。
向きを確認します。
11mmとしています。10mmでも部品とぶつかりません。

037

外側がほぼ完成です。

038

Sketch / 素描 + Dimension / 寸法

外側の残りと内側(?)を作成します。

Sketchをクリックして、Rectangleをクリックします。
下記のSketchを作成します。
USB Standard Bの幅は、11.8mm-11.9mmに見えます。ですが、12mmで作ると当たってしまって入りませんでした。なので、ここだけ1mmとしています。

040

Finish Sketchをクリックします。

Extrude / 押し出し

Extrudeをクリックします。
向きを確認します。
外側の高さより1mm減らします。チップコンデンサかなにかわかりませんが、基板上の電子部品とぶつからないようにするためです。

043

Arduino UnoのCaseの、完成です !!
これをひっくり返して、Arduino Unoの上に乗せます。

044

広告

とても刺激になります。

Fusion 360 Masters

広告

IT開発関連書とビジネス書が豊富な翔泳社の通販『SEshop』
さくらのレンタルサーバ
ムームードメイン
Oisix(おいしっくす)
らでぃっしゅぼーや
Cheesecake HOLIC
海鮮・肉グルメの高級ギフト【築地わだつみ】
カテゴリーCAD

コメントを残すために、Twitter OAuthを必要としています。ご了承ねがいます。
コメントは、Twitterに影響しません。

Twitter OAuth