パーミッションを設定する

パーミッションについて説明します。


> chmod 755 example_dir

上記の場合、example_dirに対する設定を、左から順に、自分は7、グループは5、赤の他人は5、と設定しています。
それぞれの数値は3bitで、Read権限(0 or 1)、Write権限(0 or 1)、Execute権限(0 or 1)、を意味しています。
よって、下記のようになります。
値が0 (000) : 権限なし
値が1 (001) : Execute権限のみ
値が2 (010) : Write権限のみ
値が3 (011) : Write権限とExecute権限
値が4 (100) : Read権限のみ
値が5 (101) : Read権限とExecute権限
値が6 (110) : Read権限とWrite権限
値が7 (111) : Read権限とWrite権限とExecute権限

(‘chmod 4000’などで検索すると、もっと情報が見つかります)

カテゴリーUNIX