Fusion 360 38 (Wheel Hub F)

タミヤのモーターマウントを利用したホイールハブを作ります。

Fusion 360

Fusion 360を起動すると次の画面となります。

Fusion 360 just boot

基本的な使い方については、下記を参照ください。
Fusion 360 1

Sketch / 素描 + Dimension / 寸法

[Create Sketch] : キーボードショートカット ‘r’
[Create] >> [Rectangle]
縦 : 11
横 : 20

[Create] >> [Rectangle] : キーボードショートカット ‘r’
縦 : 11
横 : 20

[Create] >> [Rectangle] : キーボードショートカット ‘r’
縦 : 40
横 : 20

[Create] >> [Rectangle] : キーボードショートカット ‘r’
縦 : 40
横 : 20

[Create] >> [Rectangle] : キーボードショートカット ‘r’
縦 : 11
横 : 20

[Create] >> [Rectangle] : キーボードショートカット ‘r’
縦 : 11
横 : 20

[Create] >> [Rectangle] : キーボードショートカット ‘r’
縦 : 62
横 : 5

[Create] >> [Rectangle] : キーボードショートカット ‘r’
縦 : 62
横 : 5

001

補助。
[Create] >> [Line] : キーボードショートカット ‘l’
15mm
0deg

補助。
[Create] >> [Line] : キーボードショートカット ‘l’
15mm
0deg

補助。
[Create] >> [Line] : キーボードショートカット ‘l’
20mm
90deg

補助。
[Create] >> [Line] : キーボードショートカット ‘l’
20mm
90deg

[Create] >> [Slot] >> [Center Point Slot]
“16mm” & “90deg”
“3.5mm”

[Create] >> [Slot] >> [Center Point Slot]
“16mm” & “90deg”
“3.5mm”

002

Extrude / 押し出し

[Create] >> [Extrude] : キーボードショートカット ‘e’
24mm

003
004

Sketch / 素描 + Dimension / 寸法

[Create Sketch] : キーボードショートカット ‘l’
この面を選択します。

005

補助。
[Create] >> [Line]
12mm
90deg

006

板の厚さを5mmとします。タミヤのモーターマウントの下の穴の中心まで実測12mmです。

外径19mmのベアリングを使います。3Dプリンターによりますが、0.4mmの余裕を見ます。
[Create] >> [Circle] >> [Center Diameter Circle] : キーボードショートカット ‘c’
19.4mm

耐久性のために厚さ7mmとします。
[Create] >> [Circle] >> [Center Diameter Circle] : キーボードショートカット ‘c’
26.4mm

007

\(\phi 6\)のシャフトが通るように穴をあけます。ベアリングを取り出すときに取り出しやすいようにスロット穴にします。
[Create] >> [Slot] >> [Center Point Slot]
“6mm” & “0deg”
“6.8mm”

008

Extrude / 押し出し

[Create] >> [Extrude] : キーボードショートカット ‘e’
-6mm

009
010

Extrude / 押し出し

[Create] >> [Extrude] : キーボードショートカット ‘e’
24mm

011
012

Extrude / 押し出し

[Create] >> [Extrude] : キーボードショートカット ‘e’
5mm

013
014

Extrude / 押し出し

[Create] >> [Extrude] : キーボードショートカット ‘e’
Directrion : Symmetric
Distance : 60mm
Operation : Cut

015
016

Extrude / 押し出し

[Create] >> [Extrude] : キーボードショートカット ‘e’
Directrion : One Side
Distance : 52mm (40 + 6 + 6)
Operation : Cut

017
018

Extrude / 押し出し

[Create] >> [Extrude] : キーボードショートカット ‘e’
24mm

019
020

Fillet / 面取り

ちからをある程度逃してベアリングを入りやすくするために、円筒を繋げていないのですが、爪部分が折れることも困るので強化します。

線を選択します。

021

[Modify] >> [Fillet] : キーボードショートカット ‘f’
6mm

022

反対側も同様にします。

023

全ての箇所を面取りしたら完成です。

024

まとめ

シャフトを買ってしまうと、この設計だと組み立てることが非常に困難です。
\(\phi 6\)のシャフトとベアリングの組み合わせでは、シャフトに油を塗るなどしてからハンマーでコツコツやりながらでないと入っていきません。

なので、これはホームセンターのステンレス丸棒を切ってシャフトとして使った場合の設計です。簡易設計です。
ベアリングをはめるところを外側にした方が良いとは思うのですが、セットカラーの幅とモーターマウントの穴の位置を気にしたりしながらの設計になるので、簡単な方をやっています。

ホームセンターのステンレス丸棒とベアリングの組み合わせは、するするです。でも、ちゃんとベアリングがまわってくれます。

広告

とても刺激になります。

Fusion 360 Masters

広告

IT開発関連書とビジネス書が豊富な翔泳社の通販『SEshop』
さくらのレンタルサーバ
ムームードメイン
Oisix(おいしっくす)
らでぃっしゅぼーや
Cheesecake HOLIC
海鮮・肉グルメの高級ギフト【築地わだつみ】
カテゴリーCAD

コメントを残すために、Twitter OAuthを必要としています。ご了承ねがいます。
コメントは、Twitterに影響しません。

Twitter OAuth